加工方法で表彰楯の印象は変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表彰楯の制作には、デザインや文字、材質選びはもとより、加工方法も重要になってきます。どのような材質にどのような加工を施すのかによって、仕上がりが左右されます。
加工によっては価格が高くなる場合もありますが、シーンに応じた特別な表彰楯を制作することができます。定番の加工方法から特別な加工方法まで、材質やデザインを活かすことのできる加工方法を選ぶことで、様々なシーンに対応できます。
どのような加工が良いのかわからない場合にも、仕上げたい表彰楯のイメージを明確にしておくことで、最適な加工方法を提案してもらうことも可能です。

定番の加工方法で落ち着いた印象を

セミオーダーの表彰楯を制作する際、文字やイラストなどを入れ方には、主に4つの方法があります。最もメジャーな方法がサンドブラスト加工です。ガラスの表面をエアコンプレッサーを使って細かい砂などの研磨剤を吹きかけることで削っていく方法です。この加工方法の場合は、削ってはいけない部分を保護するためにフィルムを使用します。そのため版下代が別途必要です。
版下代が必要のない方法もあります。それは、レーザー彫刻加工です。レーザーで照射して本体表面を局地的に照射して彫刻していくので、削ってはいけない部分をガードする必要がないので、版下代がかかりません。サンドブラスト加工もレーザー彫刻加工もどちらも品のある雰囲気で仕上がるので、かしこまった表彰式などでよく使用されています。

特別な加工方法でより特色のある表彰楯

ガラスの内部に文字やデザインが浮かび上がるような仕上がりとなる2D加工も人気があります。本体内部にレーザーを2本照射することで、2本のレーザーがぶつかりあったところを彫刻します。そのため、表面に削った部分はなく、ガラスの内部に浮きだしているような仕上がりとなります。
写真やイラストなどを印刷する場合には、フルカラー加工がおすすめです。一般的なインクジェットプリンターで表現できる色味であれば直接印刷することが可能です。ガラスやアクリルなどの透明な材質に加工する場合には、入れてからフルカラー印刷を行うので、しっかりとした色味を出すことができます。逆に、ガラスやアクリルの質感を活かして透明感のある表彰楯に仕上げたい場合には、白色下地を施さないことも可能です。淡い色味が柔らかな印象になります。
こうした加工の他に、シルク印刷加工や、文字やデザインを取り込んで加工するエッチング加工もあります。エッチング加工は半永久的に消えることがないので、価格は高めになりますが重厚感がある記念にふさわしい表彰楯に仕上がります。

ピックアップ記事

加工方法で表彰楯の印象は変わる

表彰楯の制作には、デザインや文字、材質選びはもとより、加工方法も重要になってきます。どのような材質にどのような加工を施すのかによって、仕上がりが左右されます。加工によっては価格が高くなる場合もあります...

表彰楯はセミオーダーがおすすめ

オーダーする際には、既製品を購入するのか、セミオーダー品を購入するのかを選択することができます。既製品の場合は定番のデザインや材質の中から目的に合ったものを選択するだけなので、デザインが苦手な方でも手...

材質選びが仕上がりを左右する表彰楯

制作する際には、デザインだけでなく材質にこだわることで印象を変えることができ、様々なシーンで活用することができます。会社などで使用する際には、高級な素材にこだわることで、格式や風格を表すことができます...

表彰楯をオーダーするならネット通販が便利!

盾や表彰楯を購入する場合、主に二つの方法があります。一つ目は実際の店舗に行って注文をする方法です。直接店舗に行って担当者の方とやり取りをするので、自分の思い描いているイメージや要望を伝えやすいというメ...